赤ら顔

赤ら顔

赤ら顔

赤ら顔は毛細血管が拡張している状態です。お鼻が赤い場合も、同じ毛細血管が拡張した状態です。 こういった毛細血管が拡張している場合は、毛細血管の中の血液のヘモグロビンに吸収の良い波長を持つレーザー治療が最適です。
毛細血管の走行がわかるような太い毛細血管は、その血管径に合わせて照射時間の長いダイオードヤグレーザーで血管を細くします。

また、何となく赤く細い毛細血管の多く集まっている場合は、色素(ダイ)レーザーがとても有効です。この色素レーザーは、赤ら顔の治療で健康保険が適応されます。 しかし、健康保険適応機種が決められておりますので、全ての色素レーザーが健康保険の適応ではありません。

色素レーザーの中でも、数少ない健康保険適応機種の色素レーザーがありますので、当院では健康保険での治療が可能です。
ダイオードレーザーは治療後が目立ちませんが、色素レーザーの治療後は内出血いたしますので、 肌色のテープを数日間は貼ったままの状態になります。2~3週間かけて少しずつ内出血が吸収されて目立たなくなっていきます。 毛細血管の上層から取っていきますので、照射する度に赤みが薄くなっていきます。血管腫は残存していても悪性変化等は起こしませんので治療回数等はご相談しながら決定します。

【主な治療方法】
・色素(ダイ)レーザー(保険適応機種)
・ダイオードレーザー
・フォトIPL(フラッシュランプ)

array(1) { [0]=> array(5) { ["contents_title"]=> string(0) "" ["contents_img"]=> string(0) "" ["contents_text"]=> string(0) "" ["contents_position"]=> string(6) "type01" ["contents_wide"]=> string(6) "type01" } }
© 2018 クリア・スキンクリニック西麻布